今日のピカイチ君。

シンプルライフを目指しているサクラが、何気ない毎日の中で「あ、コレいいね」って思ったものを1つ選んで紹介していきます。

液みそ「料亭の味」で時間節約&おすすめの「液みそレシピ」3種。

液みそって知ってますか?

今では店頭にも数種類並ぶようになりました。 何がいいって、「入れたらすぐに溶ける」って言うことですよね。

今日のピカイチ君は、「液みその料亭の味」です。

あなたの応援クリックで、ピカイチ君が輝きます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

液みそとは?

f:id:sakurasaku555:20180710223655j:plain


その名の通り、今までのペースト状味噌と違って、味噌が液体状になっているんですね。なので、注ぐだけですぐに溶けるのです。

サクラは、マルコメさんの料亭の味を使っていますが、他にもいろんな種類があります。

・液みそ あらだし

信州淡色系の米みそに、あらからとれる魚本来の旨みをきかせた上品な味わいが魅力の液みそです。生姜の風味をきかせたことで一から作ると手間のかかるあらだしのみそ汁だけでなく、炊き込みご飯やぶり大根など色んな料理に使えます。

・液みそ 料亭の味 四種合わせ

信州みそ、長期熟成みそ、豆みそ、白みその四種の合わせみそとこだわりの合わせだしで、化学調味料不使用でありながらしっかりとしたみそ・だし感を味わうことができます。

・液みそ 料亭の味

料亭の味の特徴である風味豊かな赤系みそをベースに、良質のかつおだし、昆布だしを効かせた液みそに仕上げました。

・液みそ 料亭の味 減塩

「液みそ料亭の味」のおいしさそのままに、塩分を20%カットいたしました。

・液みそ 赤だし

溶けにくい赤だしが溶けやすくなって、みそ汁はもちろん料理用途としても幅広くご利用いただけます。

・液みそ貝だし

淡色系みそをベースに、貝だしを効かせた液みそです。健康維持に重要な役割を果たすとされるオルニチンを配合しました。

 以前のタイプから進化して、キャップがとても使いやすくなったので嬉しいです。

 どんな時に液みそを使うといいの?


1)朝の忙しい時。

忙しい朝の味噌汁には、とっても便利です。

味噌を入れて溶かす手間がいらないのが助かります。

ほんのひと手間ですが、毎日となると大きな差になります。

f:id:sakurasaku555:20180710223719j:plain


2)1人分の味噌汁を作るとき。

味噌汁って何人分も作るときは苦にはならなくても、1人分だと溶かす出汁が少ないので、今までの味噌だと結構、手間がかかります。

これだったら、電子レンジでチンするだけでも味噌汁が簡単に出来ちゃいます。


3)味噌を使ったレシピを作るとき。

味噌をベースにしたタレとか作るときも、簡単に他の調味料と混ぜ合わせることが出来るので楽です。

「溶けな~い」なんて言うストレスも全くありません。

おすすめの「液みそレシピ」3種。

1)きゅうりと豆腐の冷や汁ご飯

液みそあらだしでさっと作れるきゅうりと豆腐の簡単冷汁ご飯です。 食欲のない時でも食べれるのがいいですよね。

レシピ:マルコメのホームぺ―ジ (https://www.marukome.co.jp/recipe/detail/ekimiso_307/

2)野菜のレモンみそ漬け

こってりとしたみそとレモンの爽やかな酸味が効いた浅漬けです。 半日ほどで浅漬けに仕上がるのがいいですね。

レシピ:マルコメのホームぺ―ジ (https://www.marukome.co.jp/recipe/detail/ekimiso_276/

3)冷や汁そうめん

液みそあらだしのしょうがと、たっぷりすりごまの風味が効いたコクのある付けつゆです。 これからそうめんを食べる機会も増えるので、いつもの梅雨に飽きたらこれもおススメです。

レシピ:マルコメのホームぺ―ジ (https://www.marukome.co.jp/recipe/detail/ekimiso_308/

特にこれからの季節にピッタリの冷たいものを作るときに、この液みそは大活躍です。 毎日の味噌汁から夏にピッタリの料理まで、液みその活躍はまだまだ続きます。