ピカイチ君と気ままな暮らし。

シンプルライフを目指しているサクラが、何気ない毎日の中で「あ、コレいいね」って思ったものを紹介したり、気ままな暮らしについて語って行きます。

日焼け止めクリームで、猛暑から肌を守る。

最近の暑さは、本当に半端ないですね。

太陽の光を浴びると、日焼けすると言うよりも焦げてしまいそうな勢いです。 そんな時に、欠かせないアイテム。

今日のピカイチ君は、太陽から肌を守ってくれる、日焼け止めクリームです。

あなたの応援クリックで、ピカイチ君が輝きます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

よく聞く、「UVA」と「UVB」って、どう違うの?

UVA」と「UVB」、どちらも紫外線に含まれているものです。

「UVA」は紫外線の約90%を、「UVB」は紫外線の約10%占めると言われています。

f:id:sakurasaku555:20180721231443j:plain

「UVA」の働き

肌の奥深くに到達して、コラーゲンを破壊します。

それによって、シワやたるみを引き起こしたり、肌を黒くしたりします。

「UVB」の働き

肌の表皮に、一度赤くなってから肌を黒くするという沈着を引き起こします。

肌表面の細胞を傷つけてしまうので、シミの原因にもなります。

つまり、シワの原因は「UVA」、シミの原因が「UVB」だということになります。

「UVA」と「UVB」から肌を守るには、どうすればいい?

シワの原因、「UVA」から肌を守るには?

「UVA」を防ぐ数値が、日焼け止めクリームの「PA」で表されているものです。

PA+   UVAを防ぐ効果がある

PA++   UVAを防ぐ効果がかなりある

PA+++   UVAを防ぐ効果が非常にある

PA++++  UVAを防ぐ効果が極めて高い

つまり、「PA」の横にある「+」に数が多いほど、効果が高いと言うことです。

シミの原因、「UVB」から肌を守るには?

「UVB」を防ぐ数値が、日焼け止めクリームの「SPF」で表されているものです。

SPF1   約20分

SPF30   約10時間

SPF50   約16時間

SPF50+  約16時間以上

 

つまり、「SPF」の横にある数字の値が大きいほど、長時間、お肌にシミが沈着するのを防いでくれることになります。


シワが気になる人は、PA値の「+」が多い物シミが気になる人は、SPF値の高い物を選べばいいことになります。

まあ年齢を重ねると、どちらも気になりますから、「SPA50+ PA++++」と書かれているのがいいですね。

f:id:sakurasaku555:20180721231541j:plain

日焼け止めを塗るのと塗らないのと、どれくらいの差があるの?

この前、暑い中、プールに行ってきました。

肩や背中、腕などはプールに浸かっていても、水の外に出る可能性が高い所なので、念入りに塗りました。

そして、休憩のときもしっかり重ね塗りをしました。

でも、真っ赤になるまで焼けたところがあったのです。それが「足の前から外側」です。

いつもなら、そんなに焼けるところではないので、油断していたんですね。

考えてみれば、普段、太陽の光を浴びにくい場所ですよね。そんなところにいきなり強い太陽の光を浴びたら、日焼けするに決まっていますよね。

痛い思いはしましたが、「日焼け止めのクリーム」の偉大さを感じた瞬間でした。

汗とかで日焼け止めクリームは、どんどん取れて行くので、こまめに塗りなおすのがベストです。

 

この夏は日差しが強くて、チョット外に出るだけでも日焼けするので、お肌を紫外線から守るためにもしっかりと対策を取って下さいね。