ピカイチ君と気ままな暮らし。

シンプルライフを目指しているサクラが、何気ない毎日の中で「あ、コレいいね」って思ったものを紹介したり、気ままな暮らしについて語って行きます。

スニーカーソックスVSロークルーソックス、家で履くならどっち?

家の中では、靴下はく方ですか?それともはかない方ですか?

子供の頃ならもちろん家では素足でしたが、大人になってからはほとんど家の中でも靴下は、はいています。 その理由は、冷え対策なんです。

今日のピカイチ君は、最近はき始めた「スニーカーソックス」です。

あなたの応援クリックで、ピカイチ君が輝きます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

ロークルーソックスから「スニーカーソックス」変えた理由。

基本、昔からずーっとロークルーソックスをはいてました。丁度、靴下の丈が足首とふくらはぎの間ぐらいでしょうか?

でも最近、家の中ではく靴下は、ロークルーソックスから「スニーカーソックス」に変えました。

理由は何だと思いますか?

もともと冷えが気になるのではいているソックスなので、家に帰ったら家用に履き替えますが、ほとんど靴下は履いています。

そうすると、夕方ごろになると足がむくんできてきつくなるのです

 

simplelife555.hatenablog.com

 昼間はどうしてもサポート力の強いタイプの靴下を好んではいてますが、それが夕方以降になるときつくなってくるのです。

しっかりと靴下のゴムの跡も、足につくようになります。

それが今度は返ってストレスになって、靴下を履いたままでいるか脱いでしまうのか迷い始めたのです。

そうして、しばらく脱いでいると今度は冷えが気になって、またはいたりの繰り返しになってしまうのです。

それも結構、ストレスがかかる話で・・・そんな時に、「スニーカーソックス」のことを思い出したのです。

普段はくにはチョット抵抗があるのですが、むくんだ足にはピッタリなのです。それで最近は、家の中では「スニーカーソックス」をはいています。

f:id:sakurasaku555:20180803234703j:plain

 丈の長さによる靴下の種類。

靴下って丈の長さによって名前が違いますよね。

あ、それそれ・・・って名前を聞いたことのあるものもあると思いますが、実は丈の長さによって、何と8種類にも分かれていたのです。


<靴下の種類>

1.カバーソックス

フットカバーとも呼ばれる種類で、履き口が足の甲部分にあって足底を覆うようになっている靴下です。

パンプスを履くときに、外からは見えないように好んではきますよね。


2.アンクレットソックス

スニーカーソックスとも呼ばれる靴下で、靴下の丈がくるぶしまでの長さの靴下です。

サクラが、今、お気に入りのソックスです。


3.ソックス

特に紳士ソックスにはこのタイプの靴下がほとんどです。ふくらはぎくらいの丈の長さの靴下であり、短かい靴下の総称です。

 

4.クルーソックス

船の乗組員が名前の由来となっている靴下です。

長さはふくらはぎくらいの丈で、短めの靴下をロークルーソックス、長めの靴下をハイクルーソックスといいます。

サクラが普段、履いているのはこの「ロークルーソックス」です。

f:id:sakurasaku555:20180803234734j:plain


5.ブーツソックス

ブーツの下に履くことを想定しているタイプの靴下です。


6.スリークォーターズ

靴下の丈が膝下の3/4になっている靴下です。


7.ニーハイソックス

ちょうど膝くらいの丈の長さの靴下です。


8.オーバーニーレングス

丈が膝上まである靴下のことで、日本においてはニーハイソックス(ニーハイ)として定着している人気の靴下です。

ミニスカートと一緒にはくと、足がキレイに見えるって言われていますよね。

 

いろんな種類の中から、用途と好みでお好きな物を選んでいけばいいんですよね。

足のむくみが気になるけど、家の中でも靴下をはいていたい人は、一度、「スニーカーソックス」を試してみて下さいね。