ピカイチ君と気ままな暮らし。

シンプルライフを目指しているサクラが、何気ない毎日の中で「あ、コレいいね」って思ったものを紹介したり、気ままな暮らしについて語って行きます。

暑い日でも「そうめん」なら食べれる。意外と知らない「そうめん」のこと。

今年の夏は例年と比べて異常に暑くて・・・体力を消耗している人も多いと思います。

でも、こんな時でも「そうめん」だとスルスルって入って行くんですよね。 そうめんを考え出した人は天才ですよね。

今日のピカイチ君は、暑い夏に重宝する、「そうめん」です。

あなたの応援クリックで、ピカイチ君が輝きます♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納(個人)へ

そうめんは、いつ頃生まれたの?

f:id:sakurasaku555:20180729164502j:plain

素麺は日本国内では奈良県桜井市が発祥の地とされており、奈良時代に唐から伝来した唐菓子の1つ、索餅(和名で「麦縄」とも書く事もある)に由来するとする説が広まっている。 日本では天武天皇の孫、長屋王邸宅跡(奈良市)から出土した木簡が最も古い「索餅」の記録となっている。

引用元:Wikipedia

 

奈良県そうめん発祥地だったんですね。全然、知らなかったです。

古代
 奈良時代にそうめんの元祖「索餅」が誕生しました。
「索餅」とは、もち米の粉をこねて、細くのばして縄のようにねじりあわせたお菓子の一種です。

f:id:sakurasaku555:20180729164244p:plain

 このころ、そうめんの形や食べ方は、時により場所により変わりましたが、いつの時代も変わらなかったのは、おもてなし料理としての性質です。 客をもてなしたり、主人に献上したり、年中行事のごちそうになったり、そうめんは特別な日の食卓に並ぶ料理でした。

引用元:株式会社やぎのホームページ

 

中世
 鎌倉時代からそうめん作りが始まりました。
そして、室町時代になると「索麺」や「素麺」の文字が使われるようになりました。 このころからそうめんは、寺院の間食(点心)として広がりました。この時代に現在のそうめんの形、作り方、料理方法がほとんど形成されたと考えられています。 文献にもよく登場するようになりますが、主な舞台は寺院や宮中の宴会などで、まだ庶民が気軽に食べられるものではなかったようです。

f:id:sakurasaku555:20180729164339p:plain

引用元:株式会社やぎのホームページ

 

近世
 1750年頃の江戸時代からそうめん作りが盛んになってきました。江戸時代の文化年間に揖保郡神岡村の森村忠右衛門が阪神地域から素麺製造の新しい技術を持ち帰ってきました。

 そして、江戸時代には「そうめんといえば播州、播州といえばそうめん」と言われるようになりました。 また、それ以前の戦国時代に、豊臣秀吉が姫路城に入ったときに播州名産の煮麺の饗応を受けたと伝えられています。このころからそうめんが庶民の口に入るようにもなりました。

引用元:株式会社やぎのホームページ

 


そうめんの産地。

今では、全国各地にそうめんの産地がありますよね。

・岩手県 卵麺

・宮城県 白石うー麺

・富山県 大門そうめん

・愛知県 和泉そうめん

・三重県 大矢知そうめん

・奈良県 三輪そうめん

・兵庫県 播州そうめん

・岡山県 備中そうめん

・山口県 菊川そうめん

・香川県 小豆島そうめん

f:id:sakurasaku555:20180729164411j:plain

・愛媛県 五色そうめん

・徳島県 半田そうめん

・佐賀県 神崎そうめん

・長崎県 島原そうめん

・熊本県 南関そうめん


調べてみたら、こんなにありました。チョットビックリです。

サクラが良く食べるのは、大矢知そうめん三輪そうめんです。今回は、頂き物で初めて「小豆島そうめん」を食べました。

 

そうめんとひやむぎの違いって何は?

「そうめん」と「ひやむぎ」の違いって、何と麺の太さだったんですね。

確かに太さが違うとは思ってましたが、改めて言われると納得・・・って言う感じでした。

JAS(日本農林規格)では、乾麺手延べそうめん類とで区別してから、さらに太さで分けているそうです。

f:id:sakurasaku555:20180729164435j:plain

<乾麺類>

小麦粉及びその他の原材料を加えたものに食塩、水を加えて練り合わせた後、製めんし、乾燥したものを乾めん類といいます

ひやむぎ 小麦粉を原料として作られたもので、直径1.3mm以上1.7mm未満、短径1.0mm以上1.7mm未満に成形したものをいう。

そうめん 小麦粉を原料として作られたもので、長径及び短径を1.3mm未満に成型したものをいう。

 

<手延べそうめん類>

小麦粉を原料とし、これに食塩、水等を加えて練り合わせた後、食用植物油を塗付してよりをかけながら順次引き伸ばして丸棒状のめんとし、乾燥したものであって、製めんの工程において熟成が行われているものを手延べそうめん類といいます。

手延うどん 直径1.7mm以上の丸棒状に成型したものをいう。

手延ひやむぎ 直径1.3mm以上1.7mm未満の丸棒状に成型したものをいう。

 手延そうめん 直径が1.3mm未満の丸棒状に成型したものをいう。

 
今まで毎年のように食べていたそうめんですが、いろんな意味で奥が深かったです。

まだまだ、暑い夏の日が続きますから、きっと重宝しますよね。